天王星について知るべきこと11選

天王星 宇宙

こんにちは。宇宙の旅人Xです。

今回は、天王星について解説していきます。

天王星。

一度は名前を聞いたことがあると思います。

しかし、具体的にどんな惑星なのかを調べたことはないのでしょうか?

この記事では、どんな方にも理解できるように解説していきます。

それではお楽しみください!

①天王星はいつ発見されたのか?

望遠鏡

天体望遠鏡で、1781年に天文学者であるWilliam Herschel氏によって初めて観測された惑星です。

②場所

天王星は太陽から7番目に離れている惑星です。

太陽からの平均距離は、約29億kmです。

③大きさ

天王星は、木星、土星に次いで、太陽系で3番目に大きな惑星です。

その半径は、25,362kmです。これは、地球の4倍程度になります。

④公転周期と自転周期

天王星の1日は、約17時間です。

つまり、自転周期は17時間ということです。

これは、地球よりも短い時間となっています。

天王星は、太陽の周りを約84年かけて1周します。

つまり、公転周期は、約84年です。

⑤自転軸が横向き

天王星の特徴の1つでもあるのが、自転軸がほぼ真横だと言うことです。

正確には、97.77 度傾いています

なぜ、自転軸が横向きなのでしょうか?

正確なことは分かっていません。

しかし、地球と同じくらいの隕石などが天王星に衝突したことによって、自転軸が横向きになったのではないかと考えられています。

天王星の自転軸 横向き

⑥内部構造

天王星は巨大な氷の惑星と呼ばれています。

天王星の核は、岩石と氷でできています。

核の上にあるマントルも水やアンモニア、メタンで構成された氷のようなものです。

そしてマントルの上には、水素ガス(メタンやヘリウムの存在している)があります。

天王星の80%が氷のようなもので構成された核とマントルです。

⑦気温

天王星は、寒い気候です。

最低気温は、マイナス224℃です。

そして、強風と吹いています。

時速900kmにもなる風が吹いています。

地球の台風は時速17km以上なのですが、全く比べ物にならないですね。

⑧天王星の大気

天王星の大気は、水素ヘリウムが占めています。

そのほかに、わずかの量のメタンが存在しています。

天王星が青色に見えるのは、メタンが影響していると考えられています。

⑨リング

天王星は、13個のリングがあると考えられています。

内側のリングは暗い色で、外側のリングにいくほど明るい色に変化しています。

An infrared composite image of the two hemispheres of Uranus obtained with Keck Telescope adaptive optics.

美しい天王星とリング  Source: Lawrence Sromovsky, University of Wisconsin-Madison/W.W. Keck Observatory

⑩衛星

天王星の衛星は27個あると考えられています。

⑪生命の存在

現在のところ、生命の存在は確認されていません。

高い空気圧と低すぎる気温で生命は存在しないと考えられます。

また、ガス惑星であり、地表が存在しておらず、気圧も高いため、探査機を天王星の中に送ることは不可能に近いです。

探査機は、厳しい環境に晒され、簡単に壊れてしまうでしょう。

 

参考資料

In Depth | Uranus – NASA Solar System Exploration
NASA’s real-time science encyclopedia of deep space exploration. Our scientists and hardworking robots are exploring the wild frontiers of our solar system.

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました